はしろーよ

移動販売をやるからには、クルマは単なる移動手段ではなく、お店の顔。お店そのものです。ここはひとつ目立つクルマにしようと、キャルルックカーを選びました。キャルルックとは、カルフォルニアが発祥のカスタマイズ手法です。フォルクスワーゲンやワーゲンバスなどをベースにカスタマイズするわけですが、日本では逆にベースカーをワーゲンに似せるカスタマイズが主流です。

さて、キャルルックに決めたのは良いものの、なかなか手頃なクルマが出てきません。 潤沢に資金があれば新車をカスタマイズ!といきたいところですが、現実は厳しく、中古車探しです。しかも、ニッチな人気があるようで、市場に出たと思ったら、すぐになくなってしまいます。

クルマ探しを始めて数か月間、なかなか良いクルマと出会えませんでしたが、そんな中で良いクルマ屋さんと出会うことができました。そのクルマ屋さんは、クルマを愛し、客を愛し、楽しみ、こだわりを持って仕事をされているプロでした。こんな風に仕事ができれば良いなと素直に思える方でした。

素人の僕に、クルマのことを丁寧に教えてくださるのですが、最後に必ず、『痛い目見てきたからねぇ』とおっしゃるのです。過去の辛い経験もすべて肥やしにされていることが、言葉から伝わってきます。

そして先日、ようやく縁があり、良いクルマ -GoodDays号!- と出会うことができました。ナンバーは、「8464 (はしろーよ)」です。見かけた人を幸せにできる、黄色いビートルの様なショップを目指します。色は白黒のパンダカラーですけどね。

ヒトもクルマも縁ですね。僕は、とても良い縁に恵まれています。

まるみ自動車さん

RIDGE MOUNTAIN GEAR

ただいま、ゆっくりペースで準備中のGoodDaysですが、既に色々な苦労を経験させて頂いております。そんな苦労のひとつが仕入れ。何のこだわりも持たなければ、とにかく品数を揃えるために、メーカーさんにご連絡すれば良いのでしょうが、僕の性格ではそれができません。吟味して吟味して・・・やっぱりやめておこう・・・なんてこともザラです。

そんな中、インスピレーションで取引をご相談したブランドがありました。それが、『RIDGE MOUNTAIN GEAR』  新鋭アウトドアブランドとしては、とても人気のブランドです。でも、当時の僕はそんなことは何も知らず、教えてくれたおツレの「これ、かわい~。」という言葉と、サイトの情報だけでご連絡させて頂きました。

※ 僕には愛するおツレさんがお一人います。

感じたインスピレーションについては、僕の中で大切にしていることなので、別の機会でお話ししたいと思いますが、さて、程なくお返事を頂き、数回のメールの往復を経て、取引のご了承を頂きました。今思えば、お断りされてもおかしくない、まだ実体のない卵状態のお店に対して、本当にありがたいことだと思います。

それから二か月後、実際にお会いする機会に恵まれました。
『RIDGE MOUNTAIN GEAR』さんでは、取引相手とは、できる限りお会いしてお話ししたいという姿勢をお持ちで、そこでは、製作にまつわるお話や、ブランドの生立ち、今後の展望についてお聞きすることができ、また、これまでの様々なご経験の中から、貴重なアドバイスを頂くこともできました。

そんなお話の中で、とても嬉しかったことがあります。それは、GoodDaysの移動販売という形態がとても面白いとおっしゃって下さったことです。それは、お店を開こうと決意し、これまでやってくる中で、初めて人様に『共感』して頂けた瞬間でした。

僕が感じたインスピレーションとは、また別のインスピレーションを感じて下さり、そして生まれたこの繋がりは、とても不思議で、とても嬉しいものです。

まだ、オープン前ですが、既にとても良い経験をさせて頂いています。